マルカン レプシーの昼夜兼用集光型保温球【メテオバスク赤外線50W】

マルカン(MARUKAN) レプシー(REPsi)の昼夜兼用集光型保温球【 メテオバスク赤外線50W 】の販売を開始いたしました!

赤い光は爬虫類が認識しないといわれているので、昼夜兼用となっております。つまり、光周期が大切ということです。前回の続きですが、昼行性爬虫類は第三の目を持っている種類が少なくはありません。その第三の目で光、つまり太陽の位置を認識し行動しているとされています。集光型の保温球に角度をつけて極端に斜めに照らすと、常に朝か夜の認識になってしまい、日光浴を好む爬虫類が一番好きな太陽が真上に来る時間帯が無くなってしまうので、反射板のついたソケットなどで真上から照射することをお勧めいたしております。反射板については次回!

販売価格等の詳細情報は下記商品名又は商品画像をクリックしてください。
(クリックすると商品の詳細ページが見られます。)

 

メテオバスク赤外線50W
メテオバスク赤外線50W マルカン(MARUKAN) レプシー(REPsi)